建築協定について

【サイト説明】

建築協定について初歩的な知識をコンテンツ形式
で紹介中!建築協定の違反、地区計画から建築
基準法や事例などについてをわかりやすくご覧
頂けます!
建築協定とは、日本の建築基準法第69条などに基づくもので、建築における最低基準を定める建築基準法では満たすことのできない地域の要求に対応するものである。建築基準法で定められた基準に上乗せすることができる。
建築協定には大きく分けて合意協定と一人(いちにん)協定がある。合意協定は、土地の所有者等が合意して得られる協定であり、既存宅地などでよく見られる。一人協定は、土地所有者が一人の場合である。これは、開発業者等が、分譲後の住環境を維持するためなどの理由で協定を予め設定する。一人協定の場合、認可の日から3年以内に2人以上の土地所有者等が存することとなった時から効力が生じる。
建築協定の特徴として、運営委員会の存在がある。地権者らによって構成される運営委員会は、協定地域内に起こる建築行為に対して審査を行うことができる。これは、合意を結んだ土地所有者が土地を手放し別のものが建築行為を行う場合でも同様である。
建築協定には有効期間がある。協定で自動更新にすることも可能であるが、そうでない場合、再び土地所有者等の合意を得なければならない。このため、更新を経るごとに区画数が減ることも多く、課題となっている。

建築協定の違反についてご紹介します。
 建築協定の違反
建築協定の地区計画についてご説明します。
 建築協定の地区計画

建築協定の建築基準法についてご紹介します。
基準法に基づく法律を学びましょう。

 建築協定の建築基準法
建築協定の事例についてご紹介しています。
様々な事例を見て建築協定を理解しましょう。
 建築協定の事例

 【おすすめ投資ポータルサイト】