Posted on

汚い部屋だと疲れが貯まりやすく、集中力も無くなる!

 

ワンルームの賃貸アパートで一人暮らしをしていて部屋の中が荷物で散らかっている状態で生活していました。

 

一人暮らしなので他の人に迷惑をかけるわけではなく部屋の中が汚くても構わないと思っていましたが、実際に汚い部屋の中で生活をしているといろいろな面で支障が出てきてしまいました。

 

仕事が終わって帰ってくると体に疲労が溜まった状態になるのですぐ寝てしまいますが、睡眠の質が悪いためか起きた時に体に溜まった疲労が取り切れていない事が多いです。

 

最初は加齢が原因だと思っていましたが、部屋が汚い事で環境が悪くなっていて睡眠の質も低下しているのも原因のようでした。

 

また汚い部屋の中で生活をしていると精神的に不安定になる事が多くなっていました。

 

それで部屋の中が散らかっているのを改善していかなければいけないと思うようになりました。

 

現在一人暮らしをする人は部屋の中にほとんど物を置かないシンプルな生活をするのが主流になっているようです。

 

部屋の中にほとんど物を置かないとスペースが広くなるので快適に生活を送れるようになる効果があるという事でした。

 

それで自分も断捨離を決行して不要な物をすべて処分して部屋の中にほとんど物を置かない状態にしてみました。

 

すると快適に生活を送れるようになって睡眠もしっかり取れるようになり精神的にも安定してきました。