Posted on

キッチンバサミを取り入れると調理が時短できます!

 

私は専業主婦3年目で、元々、料理は全くできなかった訳ではありませんがそこまで得意ではありませんでした。

キッチンバサミを料理で使うことは滅多になく、最近になってようやく料理に取り入れてみたら格段に要領がアップしたと感じています。

 

 

実際の使い方としては、鶏もも肉や豚バラ肉など包丁で切りにくい食材をカットする際や、肉の筋切りや手羽元の下処理など包丁でするには難しい作業をする際に直接ハサミを入れます。

 

また、具材を細かくしたい時に、包丁よりもハサミの方が早いと感じたものは全てハサミで切ります

 

その時まな板は使わずに、具材は手から直接鍋やフライパンに入れてしまいます。

 

こうすることで、下ごしらえの時間や洗い物などの工程が減って格段に楽になりました。

 

 

私の場合は、100円ショップのキッチンバサミを色違いで2つ用意して生もの用とそれ以外で分けて使っています。

 

そもそも、このキッチンバサミを使うようになったキッカケは息子の食事作りに取り入れたことです。

 

現在1才である息子は離乳食が進んできて、大人と同じおかずを食べられるようになったのですが、まだ具材の大きさを細かくカットしてあげる必要があります。

 

そこで、おかずを取り分けてからキッチンバサミで切ってあげるようにすると、かなり楽だったので毎食そうするようになりました。

 

調理の段階に包丁で細かく切るよりも手間がかなり少なく手早く出せるので、同じような離乳食完了期の子の食事作りにもオススメです。