Posted on

パスワード管理に最適なのがKeePass

password

様々なウェブサービスが増える中で問題となってくるのがパスワードの管理です。

パソコンやスマートフォンを使っていると端末に記憶させる方法が手軽なのですが、安全面から見て有効な手段ではありません。

 

そこで利用するのがKeePassというサービスです。

パソコンやアプリで活用するツールで独自のデータベースによる暗号化されたファイルにパスワードを保存するので、暗号解除のパスワードを知らなければどうやってもみることが出来ません。

安全面としても有利な点に加えて、パソコンではウェブブラウザにプラグインを導入することでパスワードが必要な場面で自動入力してくれます。

また初めてサイトへ登録する場面では、入力した項目を保存してくれるという補助機能がついています。

管理するにもフォルダ分けが付いていますし、手動での追加も可能になっています。

パスワード自動生成機能付きで16文字以上のランダムな文字数も作成可能となっています。

最大桁数でのパスワード生成が可能になっているというのは不正アクセスに強く

一般的に組み合わせた数字では途方もない時間がかかるので、流出以外に漏れる心配が少なくなることと合わせて、忘れてわからなくなってしまったという状態を避けることが出来ます。

非常に便利かつ安全性の高いサービスとなっています。

データベースのデータを移行してしまえば、パソコンやスマートフォンを新しくしたとしてもすぐに移すことが可能になっていますので、端末に記憶させていた場合に比べて、かかる時間も少なく一度導入してしまえばすぐに利用することが可能になっています。

ここまでのセキュリティを持っていながら利用は無料となっています。

日本ではマイナーな部類のものですが、アカウント登録数は無限ですし、管理もかなりしやすい良いサービスです。